息子の引越で利用しました。

 

大学生になる息子のワガママに付き添い、神戸から世田谷のマンションへの大移動を手伝いました。
 
引越し業者の選び方が分からないというので、「自分で選びなさい」と適当に選ばせた結果、ダック引越センターになりました。
 
最初は、ダックの利用は反対してました。
 
安くもないし、サービスが良いという噂も知らないし、そもそもこんな会社見たことも聞いたこともないし、あなた、この会社のコマーシャル見たことあるの?と訊ねると、首を振る息子。
 
よくよく見てみると、料金はむしろ割高である様な気さえしてきました(長距離とはいえ、単身の引越で六万円も取るのは、高すぎるのでは?)し、なんだか不安でたまらなくなってきました。
 
そうこうしてるうちに引越当日を迎えてしまったので、もう仕方ないやと腹を据えて、得体の知れない引越業者を家に上がらせましたが、新人の様な風貌の子(おそらくバイトでしょう)が、家の装飾品をじろじろ見ていて、ちょっと気分が悪くなりました。
 
悪気がなかったのは、もちろん分かりますよ。
 
でも、人の家のものをじろじろ見てはいけません。
 
この時点で、「作業には期待できない」と確信しましたし、やはり作業の仕方は、「いまひとつ」といった物でした。
 
こんな作業に六万円も払うのは、ちょっともったいないです。
 
次回また息子が業者を利用する時は、ダックはやめなさいと忠告するつもりです。
 
高い料金を払わせるなら、その分何かやらないとダメです。

カテゴリ

 width=