あいにくの台風、でもどうしてもこの日に引っ越したくて...。

 

台風が接近してる中だったので、どうなることかと思いましたが、何とか引っ越せました。
 
台風は本当に、傘をも吹き飛ばすほどのレベルでしたが、「台風はどんどん北上してるから、高速に乗って、新居(関西にあります)に行ってしまえば大丈夫だろう」ということになり、無理矢理引っ越してもらいました。
 
最初は、荷物がびしょ濡れになるんじゃないかとか、作業員の方がケガをしてしまうんじゃないかとか、色んな不安があって心配してましたが、みなさん力を合わせて、一気に荷物を運んでくださったので、幸い、濡れた物もなく、ケガをした作業員さんなどもいませんでした。
 
この引越しは天候に恵まれないだけではなく、移動距離も長くて(関東→関西)、しかも階段の上り下り・坂の上り下りがあり、幅わずか60cmという狭い道を通らなければならない部分もあったので、業者の方はさぞかし大変だったと思います。
 
もちろん、そういった部分を含めての料金は払ってありましたが、それでも、強風にあおられながら重たい荷物を運んでいる方々を見ると、申し訳なさが募ってきました。
 
中には、本をぎっしり詰め込んだ巨大な段ボールなどもあったので(世間知らずでした…)、びっくりさせてしまったんじゃないかなと思います。
 
とはいえ、ダックの方は最後まで真面目な態度で運んでくれたので、非常に印象が良かったです。
 

カテゴリ

 width=