プレゼント攻撃に負けました。

 

大手三社に来て貰い、家の中を見て貰いながら見積もりを出しました。
 
一番目の会社は八万一千円。
 
二番目の会社は八万円ジャスト。
 
ダックは十万円超えしてたので、「ここは早々に切ろう」と、リストから真っ先に名前を削除しました。
 
しかし、営業の人の情熱がすごかったです…。
 
まず、もう断ってるにもかかわらず、「本当に他社に申し込んじゃうんですか?段ボールまだ貰ってませんか?貰ってませんよね?」と、中古だかなんだかの段ボールを二十枚くらい持ってきてくれました。
 
その翌々日くらいになると、今度は(引越しについての知識がまったくないと言ったことを覚えてたのか)引越しに関する冊子を送ってくれました。
 
それだけでもおなかいっぱいだったのですが、そのさらに翌週に「洗剤いりませんか?」と洗剤を持ってきてくださり、もう、いたたまれなくなって依頼してしまいました。
 
プレゼント攻撃に負けたというとすごく情けないのですが、クタクタのスーツを着た疲れ顔のおじさんが、汗水を垂らしながら何度もプレゼントをくれるというのがなんだか悲しくて、思わず根負けして申し込んでしまった次第です。
 
完全に情に負けましたが、引越し自体はまぁ、無難に終わったので、良かったと思ってます。
 

カテゴリ

 width=