梱包が面倒なポットは「頑丈な箱」として考えてみる。

オーブンやポットは梱包しづらいので後回しにしがちですが、上手に包むことができない訳ではないので、なるべく上手に包みたい人は台所のシンクの下を覗いてみましょう。

まず、ポットなどは段ボールの中にドンと陣取らせるしかないので、真ん中などにおきます。

周りには柔らかいキッチン用品(ランチョンマットや未使用のスポンジ)などを詰めて固定させておきましょう。

その周りには固いキッチン用品(ラップやアルミホイル、お弁当箱)などを入れて、ポットを守りながらも他の収納しなければならないもの達を入れていきます。

ポットの中には保冷剤など、形が変幻自在でなおかつ壊れやすいものを入れるのがおすすめです。

ポットを「絶対に壊したくないようなものを守るための箱」に見立てて、ポットの中にめがねやガラス細工を入れてしまう方もいるので、壊れ物をたくさん持っている方はこういった家財の形状を逆手にとって、上手に収納していきましょう。

(ただし、電池など物によっては中に入れるとトラブルになるようなものもあるので、何でもかんでも入れていいという訳ではありません)

使い方を工夫すれば、荷造りが面倒な筈のポットのようなものも「頑丈な箱」として活用できるので、ポジティブに考えながら荷造りを楽しんでみましょう。
 

カテゴリ

 width=