「長細いもの」を攻略する方法

すべての物が段ボールに入るのであれば何も悩む必要はないのですが、やはり中には段ボールに素直に入ってくれないようなものもあります。

たとえば傘や物干し竿、部活で使うバトンなどの特殊アイテム…。

物干し竿などは「次の人の為にそのままにしておいて、新居で新しい物を買う」という人も多いのですが、しっかりしたマイ物干し竿を使っている様な人はそういう訳にいきません。

「でも物干し竿なんてまとめようがないし、傘も折りたためないものをたくさん持ってるし…どうすればいいんだろう?」

こういった「長細い」ものたちは引っ越しの初心者をひどく悩ませるのですが、基本的には「段ボールに入らないものはそのまま運ぶしかない」ということになります。

とはいえ、何十本もの傘をそのまま運んでもらうというのもいけませんし、まとめられる物はまとめておいた方がいいので、とりあえず長細い棒は一カ所に集めてヒモでまとめてしまいましょう。

あとはフタを開いた状態の段ボールに入れてそのまま運んで貰えば大丈夫です。

もし気になるようであれば引っ越し業者に確認してからまとめればいいだけですし、段ボールに入らなくても、最悪の場合手で一つ一つ運べばいいだけなので心配する必要はありません。
 

カテゴリ

 width=