洋服・布団など布類の荷造りについて


洋服の荷造りは簡単なようで意外と奥深いものになってます。

まず、洋服の入った段ボールというのは、すぐに開ける必要がなかったりするので何かと後回しにされがちです。

だからといって適当に詰め込んでしまうと、「これから出勤なのにスーツがどこにもない!」、「替えの下着がどこにあるかわからない!」と色んな段ボールをひっくり返すことになってしまういます。

そうなる事を防ぐためにも、まず「下着類」「仕事着」は一緒の段ボールにまとめるなどして、すぐに取り出せるように区別しておきましょう。

また、洋服というのは詰め込んでみると思った以上に重たくなったりもします。

皺にならない用にきれいに重ね、アイロンをかけ直す手間が出ないようにしましょう。

コートなどの大きな衣類は圧縮してから大型衣類用の段ボールに入れるのがベストです。

業者に頼む場合は、たたまなくてもハンガーにかけたまま移動できることもあるので、オペレーターに確認をとってから用意しましょう。

また、布団は業者に任せる場合は布団袋に収納して運んでくれます。

自分で包む場合は二つに折って布団袋に入れておけばそれで大丈夫なのですが、圧縮してしまった方が何かとラクなので、百円均一などで圧縮袋を用意して圧縮しておくのもおすすめです。
 

カテゴリ

 width=