割れ物や刃物の荷造りについて

割れ物を段ボールに入れる場合は、必ず一枚一枚を新聞紙で包んでから中に入れましょう。

特に変わったことをする必要はありません。

広くて重いお皿は下に、軽くて小さいお皿は上に重ねていけばそれで大丈夫です。

そして割れ物を入れた段ボールの外側には必ず一言、「割れ物注意」と書いておきましょう。

また、包丁などの刃物などを梱包する場合は、厚紙でしっかり包んで飛び出さないようにガムテープで止めてしまえば問題ありません。

裸電球などの割れ物も同様に新聞紙などで包むべきなのですが、楕円形など、重ねて収納できないような変わった形のものは一度箱に入れてから段ボールに入れると、不安定にならず、かさばらないのでおすすめです。

エアパッキンなどがあればより安全に包むことができますが、そういったものもない場合は不要なタオルで包んでしまうという手もあります。

また高価な壺や絵画などを裸で運ぶのはトラブルの元なので、くれぐれも厳重に包んでから運ぶようにしましょう。

不安がつきまとうのであれば、既に傷のある場所などを業者の人と確認してから、厳重な梱包を別オプションで頼んでみると良いかもしれません。

割れ物も刃物もしっかり包まないと、大けがを巻き起こす原因となりますので、注意が必要です。

カテゴリ

 width=