リビングで使うものはリビング用の段ボールに。

「リビングで使うものと自室で使うものを同じ段ボールに入れちゃったから、荷造りをほどくのがめんどくさい…」

この記事のタイトルは荷造りの基礎中の基礎なのですが、荷造りの時にこの大原則を無視して作業してしまう方もずいぶん多いようです。

そう、荷造りをする場合は「部屋ごとに分けて段ボールをまとめる」という大原則があるのです。

キッチンに置くものはキッチン用の段ボールに。

リビングに置くものはリビング用の段ボールに。

という風に決めて荷造りしていかないと、新居で開いた時にあっちに運んだり、こっちに運んだりと、面倒な重労働を始めなければなりません。

そういった「無駄な時間」を作らないようにするためには、やはり「寝室に置くものは寝室用の段ボールに」という風に決めてしまうのがベストなのです。

物によっては、別の部屋に置いていたとしても一緒の段ボールに入れるのが望ましいようなものもあります。

しかしだいたいの場合、リビングの物はリビングの物を入れるための段ボールに入れてしまったほうが、後々非常にラクになるのです。

とにかく、ランダムに何でもかんでも段ボールに放り込んでいくということはしないことをおすすめします。

そして段ボールには必ず「リビング」、「キッチン」とマジックで記し、作業員の方がすぐにわかるようにしてみましょう。
 

カテゴリ

 width=