荷造りはただ包めばいいわけではない

突然の引っ越し。突如必要となった大量の段ボール。

引っ越しというのは、高揚感を伴うものでもありますが、同時に面倒な作業がつきまとうものでもあります…。

そしてそのめんどくさい作業のもっともたるものが「荷造り」だと言えます。

荷造りというのはただ包めばいいだけのものではありません。

「荷造りなんてただ包めばいいだけでしょ。食器は紙でテキトーに包んで、重い物は下に入れて、軽いものは上に入れて、貴重品は自分で管理…簡単簡単!」

初めて単身での引っ越しを経験する人などはそうして安易に考えがちですが、適当に包んだものを新居へ開いてみると、想像以上にその後の整理が大変だったりするのです。

「すぐに使うものは一つの段ボールにまとめておけば良かった。一番上の段ボールからトイレのマットを見つけたのはいいけど、トイレットペーパーを入れた段ボールはどれだかさっぱりわからない…」

なんていう風に戸惑うこともあるかもしれませんし、たった数回単身の引っ越しを経験しただけの人は、ほとんどの場合「荷造りの基礎知識」「荷造りのコツ」もあまり知らないのです。

それでは、荷造りはどのように行うのがもっともスムーズなのか?

これからその基礎知識とプロしか知らないテクニックを紹介していきます。

カテゴリ

 width=