オペレーターの印象ですべてが台無しに

 

クロネコヤマトは何回も利用してますが、前回利用した時はどうしても許せないことがありました。
 
それは引っ越しが終わってから2日後のことだったのですが、自宅の棚を組み立てる際にどうしても足りない部品があり、「クロネコヤマトの業者さんのせいじゃないと思うけど、もしかしたら作業中に紛失されたのかも…」と思い、おそるおそるクロネコヤマトに電話したのです。
 
出たのは男性のオペレーターだったのですが、なんだか話し方が酔っているかのような感じで、こちらがしっかり話していても「え?」とか、「なんですか?」とか、そういった言葉を繰り返していて、まったくちゃんと聞いてくれないのです。
 
そもそも聞き返すのであれば「大変申し訳ありませんが、声が遠くて…」とか、そういったことを言うべきなのに、一切謝ることはありませんでした。
 
「聞こえなかったんでもう一回お願いします」とこちらに何度も言うように頼んでくるのです。
 
結局「ネジがない」ということを伝えるのに10分もかかってしまいました。
 
作業員にとりあって欲しかったのに結局とりあってもくれず。
 
同じことばかり繰り返されたので「もういいです」と電話を切ってしまいました。
 
クロネコヤマトはいいオペレーターの方が揃っていると思ったのですが、数年の間に入れ替わりがあったのでしょうか?
 
絶対に誠実に対応してくださると思ったので、ショックでした。

カテゴリ

 width=