日当たりが良好か否かをチェックしてみましょう

 

下見の日が雨だと中々、日当たりの具合がわからないかもしれませんが、やはりどうせ引っ越すのであれば日当たりの良い家に住みたいところです。
 
引っ越したら毎日そこで洗濯をするのですから、洗濯物がしっかり乾いて、庭の花が元気に咲いてくれるだけの日光があたるかどうかをしっかりチェックしましょう。
 
若い方などは「これだけ立派なベランダがあるんだから、絶対日当たりもいいし、ガーデニングも思う存分できるかも!」と勘違いしがちなのですが、広い=日当たりも良いというわけではありません。
 
広いだけですべてが充実してると勘違いしがちなのですが、ベランダが広いのに日差しが思うようにあたらないという仕様のところも多々あるので、うっかり日当たりの悪いところを契約しないよう注意しましょう。
 
また、日当たりも重要ですが、もし雨が降りそうな天気なのであれば、雨が降っている時にあえて下見をするのもおすすめです。
 
雨の日に家に入ってみると、雨漏りがしたり、湿気がすごかったりといった欠点が浮き彫りになるので「雨漏りがしないかどうか」が気になる方は、あえて雨マークの日に下見に行ってみましょう。
 
もしかしたら、天井から雨が垂れてきたり、雨戸が脆いことが発覚したりするかもしれません。

カテゴリ

 width=