布団とカーテンは当日に荷造りしなければならない

 

「荷物は詰められるものは全部詰めたけど、布団とかカーテンとか日用品とか…当日の朝まで使うものは包むことができないからちょっと嫌だな…」
 
そんな風に、引っ越しの前日になると、早めにすべての準備を済ませたいという気持ちでいっぱいになってしまう方が多いのではないかと思います。
 
当日は何もせずにただ作業員が荷物を運ぶのを見ていたい。
 
…と思ってしまうのは致し方ないことなのですが、やはり布団とカーテンは最後の日まで出しておかないと不便なので、布団とカーテンを入れる為の袋は確保する様にしておきましょう。
 
布団の場合は布団袋に入れればいいだけですが、カーテンの場合は段ボールにしまわなければならないので、余裕をもって段ボールを用意しておく必要があります。
 
カーテンを荷造りする準備として、カーテンが入る分のスペースだけを空けてある、すでに荷物の入っている段ボールを用意しておくと、早く梱包できる上にスペースを余分なく使うことができるのでおすすめです。
 
また、前日にカーテンを外してしまうという手もあると言えばあるのですが、女性の場合はかなり危険ですし、引っ越し当日に犯罪の被害に遭ってしまっては元も子もないので、横着しないようにしましょう。

カテゴリ

 width=