絶対に破損されたくない家具がある

 

Q:うちには死んだ母から貰った洋服タンスと化粧台があり、もう十年も、大事に大事に使ってきています。
 
傷一つないほどの状態で、非常に綺麗なのですが、前回ある小さな引っ越し業者を利用した際に、「通路が狭くて棚と壁に傷をつけてしまった」と、謝られてしまったことがあったのです。
 
その時は非常にショックでしたが、次に控える引っ越しも細い通路を使わなければならないので、同じようなことがあるのではないかと不安を感じています。
 
前述の二つの家具だけは絶対に破損されたくないのですが、どうすればいいのでしょうか?
 

 
A:「絶対に破壊されたら困る家具がある」ということをそのまま伝え、養生テープと毛布で何があっても傷が付かないように包んで貰いましょう。
 
また、「小さな引っ越し業者を利用したら傷をつけられてしまった…」といったことが書かれていますが、大きな引っ越し業者を利用しても破損される可能性は大いにあります。
 
残念ながら、100パーセント安全というわけではないのです。
 
それでも毛布でしっかり包むことはできますし、ぶつけてしまう事は仕方が無かったとしても、どこにぶつけても傷がつかないような状態にすることは可能です。
 

カテゴリ

 width=