日程を仏滅にずらしたのに、業者が何も言ってこない...。

 

大手の引っ越し業者には、良い人材が山ほどいます。
 
通常なら値引けないものを値引いてくれたり、そんなに値引いたら上司に怒られてしまうのに、それでもお客様のために頑張ってくれたり…。
 
できないはずのこともしながら、東奔西走してくれる、引っ越し業者の担当さんは、時として利用者にとっての天使のような存在となってくれます。
 
しかし良い人がいれば悪い人も当然存在します。
 
「この引っ越し業者、前に利用した時はすごくいい人が担当になってくれたのに、今回の人はやる気もなさそうだし何か違う…」
 
同じ大手引っ越し会社であっても、非常に評判の良い会社であっても、たまたまやる気のない人を引いてしまうこともあるのです。
 
そういった人に当たってしまうと「日程をずらしたり、時間の融通を利かせたりしてるのに、なぜか料金をまったく割り引いてくれない」というトラブルに遭遇することもでてきます。
 
こういった時はつい「仕方ないかな…システムが変わったのかもしれないし…不況だし…まあいいか」なんて考えがちかもしれませんが、そんな風になすがままにされていたら、一万円も二万円も、ひどい場合だと十万円近く損してしまうのです。
 
こういった「対応が何かおかしい」人に当たってしまった場合は、すぐに会社に電話して「本当に値引けないのか」ということを確認してみましょう。
 
良い会社であれば謝罪しつつ値引いてくれます。
 
泣き寝入りだけは絶対にしないようにしましょう。

カテゴリ

 width=