3~4月はできる限り避ける

 

3~4月は引っ越しの多い時期、いわゆる「割高シーズン」です。
 
「単身の引っ越しなんて三万五千円程度で出来るものでしょ!?前回は三万円ちょっとだったのに、なんで今回は六万円も払わないといけないの!?」
 
前回と全く違う見積もり価格に仰天して電話までかけてしまった後に、この嫌な事実に気づかされる場合もあります。
 
「お客様、大変申し訳ありませんが、3月と4月は繁忙期なので、どうしても料金設定が閑散期のものと違うものとなってしまうんです…」
 
繁忙期はひどい場合だと、閑散期の二倍近くの料金が発生します。
 
三万円程度で済むはずの単身の引っ越しが、五万円、六万円という金額に膨らんでしまったりするのです…。
 
これは仕方のないことなので、やはりずらせるのであれば、繁忙期に予約しようとせず、五月、六月といったシーズンにずらすべきだと言えます。
 
逆に言えば引っ越し予定日を閑散期にずらせば二万円、三万円という高額値引きができるかもしれないということなので、「繁忙期に予定していた引っ越しを閑散期にずらそうかと考えている」という方は、ガツンと値引き交渉してみましょう。
 
もしこの方法で料金が全く変わらないのであればそれはおかしいことなので「悪徳業者」と判断し、他の業者を探すのが賢明です。
 

カテゴリ

 width=