引っ越し業者は物を壊したら弁償してくれるの?

道徳的に考えると「人の物を壊したら謝罪とともに弁償するのが礼儀」となるのですが、どんな場合でも弁償してくれるほど、引っ越し業界も甘くはありません。

そもそも引っ越し業者は必ずしも保険に加入している訳ではないので「弁償しようにも決まりがあって弁償できない」というパターンもあるのです。

そういった会社を利用してしまうと、数十万の機械を壊されたとしても、何のアフターフォローもしてもらえないといった事態になってしまうので、あらかじめ保険の内容にはしっかり着目しておくようにしましょう。

ちなみに保険が利くと、どういった方法で弁償してくれるのかというと、破損した物を「修理」して返すという方法と、「代替品を用意する」という方法と、「それ相当の金額をはじき出してその分のお金を払う」という三つの方法があります。

どういった形になるかは相談して決めることになりますが、保険が利くところであればトラブルがあってもそれらの方法で弁償してくれるので、「壊されても泣き寝入りしなきゃならないなんて絶対に嫌」という方は、見積もり時に保険についてを熱心に確認しておきましょう。

ちなみに有名どころだと「アート引越しセンター」「ダック引越しセンター」などは損害保険にしっかり加入しているので何かあっても安心です。

保険がしっかりしている会社に申し込みたい方はぜひ、上記の会社をチェックしてみましょう。

カテゴリ

 width=