引っ越しの多い時期について

引っ越しの多い時期というのは、言うまでもなく三月、四月の入学シーズンです。

春先になると引っ越し業者は繁忙期に入ります。

「二月の時点では三万五千円で引っ越しできるって言ってたのに、転居予定日を三月に変えたとたんに引っ越し料金が四万円になってしまった…」

なんていうことも珍しくありません、それくらい春先というのは引っ越しが多い季節なのです…。

では逆に閑散期はいつなのかというと、雨期である6月や、11月から1月にかけての時期がもっとも閑散としています。

こういった時期に引っ越しの申し込みをすれば引っ越し料金はずいぶん安くなります。

「三月の引っ越しを二月にずらした方が安くなるのはわかったけど、もっと安くなる方法ってないの?」という方は、平日の午後に申し込んでみましょう。

基本的には土日よりも平日の方が閑散としてるので申し込みやすくなりますし、午前中よりも午後の方が安くなります。

申し込み日時を工夫することで少しでも料金を低くしたいのであれば「6月や11~1月の平日の午後」に申し込むようにしてみましょう。

また、六曜を気にする方にはあまりおすすめできない方法ですが、大安や仏滅をあまり気にしないのであれば、仏滅を選ぶようにして料金の変化を見てみるという手もあります。
 

カテゴリ

 width=