固定電話とインターネットの手続きについて

引越しが決まったら固定電話の解約はもちろん、インターネット(プロバイダー)の解約・更新手続きが必要になってきます。

・固定電話の場合
引越し先に電話線が引きこまれている場合は、NTTの局内工事のみで済むので、引越しの連絡をするだけで済みます。電話回線が無い場合は電話回線の引き込み工事が必要になりますので、なるべく早めに連絡するとよいでしょう。

引越し先の地域によって電話番号が変わる場合は、後の引越しの挨拶や必要書類で引越し先の新しい電話番号が必要になってくる事もありますので早めに手続をしておいた方がよいでしょう。


・インターネット(プロバイダー)の場合
電話回線を利用してインターネットやメールを利用している場合は、引越し先でも、できるだけ早くインターネット接続をしたいものですが、NTTの工事が必要な場合はモデムなどの周辺機器も違ってきますので引越し先が決まったら早めに手続きをするとよいでしょう。

また、回線工事が必要な場合は、工事の予約が事前に必要です。電話回線はつながっても、インターネットが開通するまでに1ヶ月や2ヶ月と時期や回線工事の予約状況によっても時間がかかることを覚えておいて下さい。

プロバイダーを変更せずにサービスを引き続き利用する場合でも、住所変更の手続きなど、早めに連絡して必要な手続き等を確認するようにしましょう。

地域によって回線が繋がらないなどといった問題もあるため、やむなくプロバイダー契約を解約しなければならない場合は、各プロバイダーへ諸事情を明確に伝えてるなどして、解約費用が発生しないように相談してみるのもよい方法です。
引越し先が決まった場合は、できるだけ早く連絡して事前に状況を把握される方が望ましいでしょう。

カテゴリ

 width=