引越しの業社選びについて

・引越し専門業者について
引越しの業社を決める際に、タウンページやテレビのCMで知名度の高い業社が真っ先に思い浮かびます。大手の引越し業者は、社員教育の行き届いた作業員がテキパキと仕事を進めているのを見ると、とても印象が良いものです。

神速で丁寧、そして機敏であることについても、そのための社員教育や宣伝に掛かる費用などがかかっているために、その分、引越し料金に反映されているといってよいでしょう。

・引越し兼業者について
引越し兼業者に限ったことではないのですが、季節や繁忙期にアルバイトを臨時で採用したり、業社よってはハウスメーカーと提携していたり、配送会社との提携だったりしますので引越しのプロというわけにはいきません。

ですが、こだわらなければ低価格帯での引越しの契約が出来たり、交渉次第では、引越し専用のオプションが格安で契約できたりしますので、料金面を重視しているならば狙い目となります。

引越し当日は、何かと荷造りの手際の悪さに、引越しの業者さんに手伝っていただく事もありますが、最終段階で炊飯器を業者に箱詰めしていただく・・といった事がありました。
バタバタしている時なのでダンボールも足りず、業者さんが予め用意してくれた中古のダンボールに詰めていく状態でしたが、炊飯器を入れたダンボールに「1Fトイレ」という手書きのものを使用していたのは、かなりのショックでした。

こういったトラブルも含めて、格安な兼業者を選択するのか?も、検討材料のひとつとして選択されるとよいでしょう。

カテゴリ

 width=