引越し保険について

引越しの際に、業者に大切なものを運んでもらうことになる場合、保険をかけることができます。貴重品に限らず、運搬中に起こった破損や紛失などといったトラブルに備えて、大切なものには必ず保険をかけるようにしましょう。

多くの引越し業者の場合は、損害保険会社と代理店契約をしています。保険をかけたい家具などがある場合は直接、保険会社に連絡するよりは、よりスムーズに手続き(運送業者貨物賠償責任保険)などが行えるようになっています。もちろん、個人で保険会社に引越し内容に合った保険(引越荷物運送保険)をかけることもできます。


また、見積りの際に、契約しようとしている引越し業者が運送業者賠償責任保険に加入しているか?どうかの確認をするようにしましょう。

【保険の種類】
・運送業者貨物賠償責任保険
引越し業者が荷物を運ぶ途中や保管中に荷物に損害・紛失などが起こった場合に、賠償責任を負うときに必要な保険です。引越し業者の方で1000万円程度の保険に加入しているので、荷物の持ち主は、保険金を支払う必要はありません。

・引越荷物運送保険
引越し業者が荷持を運ぶ際に、損害・紛失などが起こった場合、引越し業者側で賠償責任を負う保険にも上限があるため、十分な補填を受けられないケースもあります。

そこで、ピアノや美術品、高額な家具など、万が一に備えて範囲外の補填をしたい等の場合は、別途、個人的に保険をかけておく必要があります。状況に合わせて必要なプランを提案してもらうようにしましょう。
以下、一般的に引越し業者の賠償金に上限があるものの例です
・宝石、宝飾品、貴金属製品
・美術品、骨董品
・電化製品の故障
・業者以外の梱包したものの破損
・生体(動物、植物など)
・生鮮食料品
・自転車
・バイク、農耕作業車など
※これらのものを引越し業者へ運送を依頼する際は、別途、「引越荷物運送保険」に加入した方がよいでしょう。

その他、運送業者貨物賠償保険では補填されないケースを引越し業者に説明してもらい、不透明なままにしないようにしましょう。気になることは全て説明してもらいましょう。

カテゴリ

 width=