引越しに適した日

古くから、日本では曜日や日付に吉凶が定められています。
結婚式やお葬式など冠婚葬祭をはじめ、建前式もお日柄の良い日を選びます。そして、引越しも冠婚葬祭と同じくお日柄の良い日を選びます。

天気が良い日を選ぶ
お日柄とは、カレンダーに記載されている縁起の良い日を選ぶ事になりますが、現実的には、吉凶にかかわらず、晴天の日を選ぶようにします。雨天の場合は、引越し作業自体に支障をきたす事になりかねません。また、家具の搬入の際は雨に当たらない方が良いですね。特に、梅雨時期や台風が多発している時期は避けるようにします。

道が混んでいるシーズンを避ける
行楽シーズンや帰省シーズは、比較的に荷物を大量に積んだ運搬車が目立ちます。このため、目的地にたどり着くまでに予定の時間をオーバーする可能性があります。その他、予め分かっている地域のイベントや道路工事等を避けるようにしましょう。

手助けしてもらえる日にちを選ぶ

親しい友人や・同僚、親戚など事前に手助けをお願いして、なるべく仕事やイベントごとと被らないようにするよ良いでしょう。もちろん、家族の休日や自分の仕事や学校など影響が少ない日を選ぶようにしましょう。

六曜(ろくよう)から引越しに適した日を選ぶ
そして、最後に引越しに適した、お日柄の良い日を選びましょう。仏滅を避けるとか、大安や吉日などお日柄の良い日を六曜(ろくよう)から選ぶと良いでしょう。

カテゴリ

 width=