【引越し】賃貸借契約の解約

現在の住居が賃貸だった場合の解約手続きや、ガス・水道の閉栓と新居への開栓手続き、引越しする際の業者や荷造りは誰がするか?また、不用品の処分など引越しが決まった時点で早めに確認したいことが、たくさんあります。

引越しが決まったら、賃貸借契約する際に、必ず退去する際の説明や書類が手渡されたりしますが、一般的には、契約している管理不動産や大家さんに「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」をしなければいけません。

賃貸借契約の解約する際は、「賃貸借契約書」に必ず記載されていますので、引越しが決まった時点で必ず、確認を済ませましょう。

ほとんどの場合は、退去時の1ヶ月前までに口頭、あるいは書類にて解約手続きを行いなすが、物件や不動産管理会社によっては、解約の2ヶ月前や3ヶ月前に解約手続きが済んでいないと、丸々、家賃を支払わなければならなくなりますので、くれぐれも賃貸借契約書で確認するなどの処置をとるようにしましょう。

引越し日が決まっているのであれば、解約の日取りもスムーズに決定することができますが、次の物件が決まっていない場合は、解約時期のことを考慮しながら物件探しをしなければいけません。

カテゴリ

 width=