【自営業】国民健康保険の手続き

国民健康保険の資格損失手続きについて
引越し前の手続きに、「国民健康保険」があります。これは、会社員の方には必要のない手続きですが、自営業やフリーランスの人で国民健康保険に加入している人が他の市区町村に引越しする際は、国民健康保険の資格喪失届を提出しなければいけません。

国民健康保険は、「加入するときもやめる時も事由が発生した日から14日以内に届出を提出すること」が決められています。このため、転出届の手続きを市区町村役所に提出する際は、一緒に手続きすることになります。

引越し後14日以内であれば、国民健康保険の資格喪失届の手続きをすることは可能です。ですが、届出を提出するのは旧住所の市区町村役所となりますので、遠方の場合は、注意が必要です。

・国民健康保険の資格喪失届
旧住所の市区町村役所にて、転出届を提出する際に、国民健康保険の資格喪失届も同時に手続きを済ませるようにしましょう

・持参するもの
印鑑、国民健康保険証

・国民健康保険喪失届の期限
引越しの14日前から受付開始、引越し後14日以内に届出を済ませましょう

・届出者について
本人または世帯主やその家族
※代理人でも委任状と届出者の本人確認(免許証や保険証など顔写真がついている書類)があれば手続きを済ませることができます。各市区町村役所にへ問い合わせると良いでしょう


引越し後の加入手続きについて
引越しが済んだら、新住所の市区町村役所にて国民健康保険の加入手続きが必要になります。加入手続きの期限は14日以内と定められています。旧住所で国保の資格喪失届を出した時点で無保険の状態になってしまうのです。

国民健康保険の資格がないのに、新住所で以前の保険証を使って、うっかり医療を受けてしまう場合も考えられますが、この場合は国民健康保険が負担した医療費を後で返還する事になります。万が一、使ってしまった場合は、医療機関に保険が変更になったことを直ぐに知らせましょう。

引越し後、加入手続きをしないで無保険のまま月日が過ぎると、その分の料金も後日請求されることになります。無保険の期間が長いほどまとまった金額で請求されますので、注意が必要です。

カテゴリ

 width=