金融機関等への手続き

銀行口座の住所変更
引越し先の近隣に、現在、契約している銀行の支店もしくは、ATMがあることを引越し前に余裕があれば確認しましょう。もし、取り引き銀行の支店やATMがなかった場合は、解約か、新銀行口座の開設を検討しましょう。

銀行口座の住所変更を行う際は、引越し前に各銀行窓口で受け付けています。「通帳」と「届け印」と「キャッシュカード」などが必要になります。
詳細は、取引銀行へ、お問い合わせ下さい。


ゆうちょ銀行の住所変更
住所変更があった際や、結婚や離婚などで氏名や印章(お届け印)を変更した際には、通帳、証書、保管証の住所変更をする必要があります。また、氏名変更で通帳などの印章(お届け印)を変更される場合は、合わせて改印の手続きも必要です。
詳細は、最寄りの郵便局窓口にて、お問い合わせ下さい。


クレジットカードの住所変更
契約しているクレジットカード会社から、ご利用明細書などに記載されている、「お客様サービスセンター」や、「契約情報の変更について」などから、カード会社の方へ変更の連絡をしましょう。後日、送付される書類に必要事項を記入・捺印して返送しましょう。


生命・損保保険への住所変更
ダイレクト型の保険の場合は、インターネットから直接、住所変更や変更の申請ができます。また、最寄りの支店や営業所に直接、電話連絡をして住所変更を伝えましょう。


いずれの場合も、住所変更は早めに行うことが望ましく、(引越し先が遠方だった場合、直接届けを出すことが難しくなる場合があるため)住所変更の届けが引越し後だった場合に、手続きが間に合わず、旧住所に届いてしまうということもある事から。なるべく、引越し前に変更手続きをするようにしましょう。

また、郵便局へ転送サービスの手続きを必ず、利用するようにしましょう。旧住所へ送られた郵便物を1年間無料で転送してもらうことができます。引越し前に最寄りの郵便局窓口、もしくはインターネットで変更が可能です。

カテゴリ

 width=