【引越しの荷造り】キッチン編

一般的に、キッチンの小物は、家財道具の中で一番、物が多いとされています。梱包する際は、他のどの部屋よりも時間が掛かるので、引越しに間に合うように段取りを決めて、少しずつ普段使わないものから荷物整理をすると共に梱包も少しずつはじめるようにしましょう。

【食器・グラスの梱包について】
食器など、割れやすい素材のもは、一枚ずつ新聞紙や引越し業者で手配してもらった食器紙で包んでいきます。この時、食器を一つずつ包むのは、食器の強度を増すためではありません。これは、食器同士がダンボールの中でぶつかり合って、その衝撃で割れたりヒビが入るのを防ぐためです。必ず、食器は1個ずつ包んで梱包して下さい。
※詰め終わったダンボールを軽く揺すってみてカチャカチャと食器同士がぶつかり合う音が聞こえる状態では割れてしまいます

全ての食器については、口の大きい方を下にして立てて詰めていきます。また、スペース的に入らないというような理由でグラスを横に寝かせて梱包すると割れやすいです。

また、ダンボールを閉めた時に盛り上がった状態になった場合は詰めすぎている状態です。詰めたものを出して、きちんと閉まるように梱包し直しましょう。隙間ができてしまったら詰め物(新聞紙や食器紙などを丸めて)をして、食器同士が動かないように固定しましょう。

また、ダンボールに詰めていく段階で、食器でも本でも重くなり過ぎると底拭けの原因になります。特に食器の場合はダイレクトに下に落とすと割れてしまいますので、重たくなり過ぎないように詰めましょう。
※詰めたダンボールには、赤文字で「割れ物注意」とか「ワレモノ」という風に、誰にでもワレモノがある事が分かるように書いておきます。ダンボールの上部と側面の二箇所書き留めます。

【食器棚・カップボードについて】
食器棚は、引越し業者が梱包します。基本的に中の食器をダンボールに詰めるなどして、引越し当日には、空っぽの状態になるようにします。
※自力で引越しをされる場合は、必ず中の仕切り棚を外して一箇所にまとめるなどして固定しましょう。また、扉部分はテープなどで固定して開かないようにしましょう。

カテゴリ

 width=