【引越しの荷造り】自室編

【照明器具の取り外しについて】
入居する際、照明器具の有無を確認して、設置されていない場合は、入居時に照明器具を自腹で購入して設置しなければいけません。照明器具を取り付けする際に、電気工事が必要だった場合は、退去時に取り外す時も、電気工事が必要になります。この辺りのことも、引越し業者との最初の見積り時に、費用を確認するようにしましょう。

【クローゼットの中の梱包について】
クローゼットの中には、洋服など季節の衣類がたくさん収納してあります。この衣類をダンボールに詰めていくのは少々、効率が悪いです。

・ハンガーに掛けてある衣類
引越し業者を使う場合は、各業者で独自のハンガーボックスを用意している場合がほとんどなので、見積時に説明があった場合は引越し当日まで、そのままにしていても大丈夫な場合がほとんどです。見積りの時に確認してみるとよいでしょう。
※触られたくない洋服などがある場合は自分で詰めることができるかも確認しましょう

・収納ボックスや衣装ケース
プラスチック製の収納ボックスや木製の衣装ケースの中身はそのままにしておきます。そのまま運ぶことができるので中身を出して梱包する必要はありません。引き出しのような構造でも専用のはがせるテープで固定すれば中身が飛び出す心配はありません。

・プラスチック製の引き出し型収納ケース
引き出しが何段かある場合でも、中身が衣類であれば専用のテープで引き出しが飛び出さないように固定して運ぶことが多いです。見積り時に確認すてみるとよいでしょう。

【タンスやハンガーラックの梱包】
ハンガーにかかっている衣類は、引越し当日までそのままでも大丈夫です。その他、引き出しに入っている小物は全てダンボールに梱包します。

【ベッドの梱包について】
ベッドは、基本的に引越し業者が行います。解体が必要な場合は解体し、引越し先でも元通りに組み立て・設置してくれます。

カテゴリ

 width=