荷造りをはじめる前に

【荷造りをはじめる前に】
荷造りをする時に、最初に詰めていくものは、納戸や押入れなど収納スペースに収納してある、普段使わないものから整理すると良いでしょう。そして、納戸にあった荷物は納戸に積み上げる。押入れの中のものは押入れ、という風に一度、詰めてしまったダンボールは、元にあった場所に戻すと、引越しの準備をはじめてから引越し当日までの生活スペースを圧迫される心配がありません。

基本は、収納の中から荷造りをはじめて、できた荷物は元の収納場所に戻す、と引越しの日が差し迫ってくると、普段よく使う物が入ったダンボールだけが最終的に残るので、効率的に荷造りしていくことができます。


【仕分け作業の効率化】
荷造りがはじまったら、ダンボールの山がたくさん出来上がります。まず、「いらないもの」の整理が必要です。その際、いらなくなった物を一箇所に固めて効率良く作業を進めるとよいでしょう。
いらなくなった物のを判断する基準は、1年間、開けることがなかったダンボールは一生涯、開けないと言われています。3年間、着ることがなかった服もまた一生涯、着ないと言われています。判断基準をあらかじめ決めておくと、効率のよい荷造りができます。


【場所ごとに分けて詰める】
リビングで詰めたものは、引越し先でもリビングで使用することが容易に考えられます。なるべく、リビングのものはリビングだけの梱包になるようにしましょう。また、重いダンボール、軽いダンボールに分かれるより、重いものと軽い物を混在して詰めることによって、一個のダンボールの重さが均一になり、運び出す作業が軽減されます。
特に、自力で引越しをする場合には、この辺りに気を付けて荷造りすると引越し当日の疲れ方が違ってきます。


また、ダンボールに詰める時の注意点として「重いものは下・軽いものは上」という風に詰めていきます。逆にしてしまうと、重みで大切なものを破損させてしまう可能性がありますので徹底するようにしましょう。
※リビングの荷物では、リモコン類はダンボールに詰めず自分で持ち運ぶようにしましょう。

カテゴリ

 width=