荷造りのコツ

引越しが決まったら、荷物を自分で詰めるのか?それとも業者に全てをお願いするのかを考えます。ある程度、自分で荷造りしてしまわれる方を選択すると、不用品の選別やどこに何を入れたか?が、記憶の片隅に残っているものなので、引越し先で、急に必要になったものを、山のようなダンボールの中から探し出すときがあった場合も比較的、早く探し出す事ができるでしょう。

また、荷造りを片付けたい部屋ごとに分けて梱包していくと、引越し時の引越し作業が短縮できます。そうすることにより、お部屋の片付けがスムーズに行えます。まず、ダンボールの中に詰めていくのは普段から使わないものからスタートするとよいでしょう。

ここで気を付けたいのは、前回の引越しで使わなかったダンボールの中身。本当に必要なものですか?引越してきてから一度も箱を開けることがなかった物と言うのは、案外、不用品であることが多いのです。一度、箱から出してみて本当に必要か?中身の状態を確かめる意味も兼ねて箱から出して保存状態をチェックしましょう。

箱に詰める際の注意点
・ダンボールの底の部分は、十字に紙テープでしっかりとめる
・小さいダンボールには、重いものを中心に。(本・食器など)
・詰めたら、上は一の字のでとめる
・ダンボールの上と横2箇所に運び込む部屋と、何が入っているのか簡単に書く
  (どちらか一箇所しか書いてない荷物は積み重ねてあると何かわからない)

【豆知識】
引越し先の各部屋に番号を、あらかじめふっておくと便利です。
①の部屋、②の部屋、キッチン、洗面所、と分かりやすく部屋の名前を付けておくと、当日、メモ帳に「①」「②」と書いて、メモを部屋のドアの横に貼っていけば、引越し業者の人全員に、「この箱はどこに運びますか?」などと、いちいち聞かれなくても済むのです。
ダンボールの上面と横面に「① 本・雑誌」と書いておけば、誰でも簡単に把握できます。

カテゴリ

 width=