新住居への賃貸契約について

賃貸契約について
引越しの理由は様々ですが、引越しが決まったら次の住居地への新居の契約をする場合に契約時に必要な諸費用として、敷金、礼金、不動産を通しての契約ならば仲介料が必要になります。

敷金が不要な物件も少なくないですが、旧居の解約時に敷金がほとんど戻ってこないケースもあります。敷金の戻りをあてにしていると思っていたより少ない事もよくあることなので、なるべく必要最低限の出費のなるように、旧居の賃貸解約日と新居の契約開始日が重ならないよう、無駄のない契約をしたいものです。

契約日に気を取られ過ぎていると、人気物件とは契約は早い者勝ちとなりますので、契約の申込日を先送りにしていると、先に契約されてしまって、せっかく見つけた物件を諦めて他を探さなければいけなくなると、さらに労力や時間を使いうという、ふりだしに戻ってしまいます。この辺りの兼ね合いは、運に頼る事になるか、もしくは早めの契約になってしまいます。

通常、契約を申し込んだ日から1週間から10日ほどで審査が通ったら契約が開始されます。締め日以外ですと、日割りで家賃が発生するわけですが、なるべく引越し当日から家賃発生が開始されるように、交渉してみるとよいでしょう。

カテゴリ

 width=