購読新聞の解約

引越しが決まったら、新聞の購読停止手続きを、最低でも引越しする1週間前までに販売業者に連絡し、配達停止希望日を伝え、精算方法を確認しておきましょう。

万が一、購読契約後すぐに引越しが決まった場合でも、新聞購読を契約した書面を受け取った日を含めて8日以内に解約の手続きをすれば、クーリングオフ(無条件解約)が可能です。
クーリングオフの期限が過ぎてしまうと、基本的に契約を破棄することはできません。ですが、転居や死亡など購読を続けられない正当な理由があれば解約できます。

新聞の解約手続き
【連絡先】新聞購読を契約した販売店
・引越しの1週間前までに新聞配達を停止する日を伝える
・精算方法の確認(日割り分の支払い方法の確認)


引越し先が同じ新聞社の管轄で、尚且つ、新聞の購読を引き続き行う予定であれば、販売店の方から手配、または、新しい住居の販売店を紹介してもらえるケースも多いです。また、新聞をとらずに1~2週間もすれば、新聞購読の営業にいらっしゃることも多いので、あまり神経質になることもないでしょう。

カテゴリ

 width=