自動車の登録変更

他府県から引越してきた場合、住民票の異動と同じように自動車の登録変更手続きをしなければいけません。引越し後も手続きを行わずに他府県のナンバープレートのまま走り続けていたら、それは違法行為となります。

道路運送車両法第十二条では、「自動車所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名、もしくは住所または使用の本拠の位置に変更があったときは、その事由があった日から15日以内に、国土交通大臣の行う登録変更の申請をしなければならない。」と定められています。この義務を怠ると、罰金が科せられることもあります。

よく、引越し先でも他府県ナンバーのまま乗っている車を見かけますが、引越してきてから15日以内に新住所の所轄の陸運支局か、自動車検査登録事務所で再登録の手続きを済ませましょう。

・届出期限
転入日から15日以内

・届出者
自動車の所有者、または委任状があれば代理人可

・必要な書類等
新住所の住民票
印鑑
車庫証明
車検証
自動車税申告書
自動車取得税申請書
登録手数料 350円/ナンバープレート交付手数料1,440円から2,310円
※ナンバープレートの交付を受ける場合自動車で出向く必要があります
詳しくは、運輸支局へお問い合わせ下さい


自動車の登録変更を怠った場合に考えられるトラブル
・リコール等問題が起こった時に、その通知が受け取れない
・自動車保険の書類などが届かずトラブルの原因になる
・税金の納付書類が届かず、延滞してしまう危険性がある
・盗難や事故、犯罪など、確認が遅れ被害が広がる可能性がある
・罰金が科せられることもある

カテゴリ

 width=