不用品を処分する

ゴミはまとめて出さない
普通ごみの処理は、なるべく早めに処分するようにしましょう。一度に多くのゴミを出してしまうとご近所に迷惑を掛けることになりますので、なるべく引越しが決まったら少しづつゴミを出すようにしましょう。時間に余裕があれば、フリーマッケットやネットオークション、またはリサイクルショップを利用するのも良い考えです。

粗大ごみの処分について
大型家具や家電製品は、最寄りの自治体に依頼をすることとなります。一般的に、回収には重さによって回収費用がかかる場合が多く、回収できないものもありますので、自治体のホームページや、直接、電話にて確認すると良いでしょう。

特定の電化製品の処分について
特定の家電を廃棄する場合には、適切な処理をすることを家電リサイクル法と呼ばれ、法律で定められています。家電リサイクル法で対象となる特定の電化製品とは、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機です。

消費者は、不要になった廃棄物を適切に引き渡す必要があり、上記の特定家電製品の場合は、家電リサイクル券を発行してもらい、回収の手続きが必要になります。手続きは、その家電を購入した販売店、または買い替えをする購入店に求めることができます。それが困難な場合は、最寄りの小売店でも手続きを行うことができます。

引越しの業者によっては、家電リサイクル券を取り扱っているところあがあります。引越しの際の引越し会社選びには、この点も相談してみると良いでしょう。

カテゴリ

 width=